最強の収益モデル、ストックビジネスとは!?

 

この動画で得られる知識は次のとおりです。

  1. 中小企業の理想の収益構造
  2. 銃を売らずに弾を売ろう
  3. 数字で実証、ストック収益の破壊力
  4. まとめ

中小企業の理想の収益構造

さてみなさん、理想の収益モデルって考えたことありますか?
私の尊敬する経営者の堀江さんも言ってましたが、「元手がかからず利益率が高い」というのが商売の鉄則って、昔読んだ本に書いてあって、私はずっとそれを胸にビジネスをしてきました。

私はビジネス人生で在庫を抱えたことなんてほぼないですし、売るために毎度仕入れるということも、あまりしたことがありません。
固定費といえば、人件費とパソコンくらいしかないくらいです。あと社用車くらいかな。オンライン経営の基盤ができてきたので、オフィスも本社を残して解約するつもりです。
拠点オフィスがあると、家賃はもちろん、法人県民税・事業税、法人市民税などなど、色々固定費になっちゃいますしね、

上場企業さんなんかはちょっと違うのかもしれませんが、中小企業の理想の収益構造って、原価がないということと、収益がストック型であるということだと思いませんか?

でもTVやプレステ、携帯電話やウォークマン、パソコンなどハードの製造で圧倒的な栄華を極めたあのSONYも近年、倒産危機に瀕してましたが、保険などの金融商品や各種サービスをサブスクリプション化することで、急激なV字回復を遂げましたよね。

次のトピックで、そのストック収益の作り方についてお話ししていきます。

銃を売らずに弾を売ろう

さて、みなさん、この「鉄砲よりも、弾を売ろう」という言葉きいたことありますか?
銃を売る商売って、毎回毎回新規顧客を捕まえないといけないので、売上は大きいのですが、売り上げるまでに膨大な費用と手間がかかるんですよ。
一方で、弾を売る商売は基本的には、管理顧客の維持や関係づくりのみで収益化できるので、非常に楽なんですよね。
新規顧客から売り上げるのは、既存顧客から売り上げるのに比べて約16倍も費用と手間がかかるという研究結果もあります。

ウォーターサーバやコピー機なんかは、この弾ビジネスの代表格ですよね。ウォーターサーバやコピー機はただ同然で販売しておいて、あとで水やコピー用紙、トナーなんかでどれだけでも回収できますよね!?
一度、商圏内のパイをとってしまえばそうそう潰れることなんてないですもんね。

もっというと弾を売る際に人の手がかからないのがベストでしょう。
弾を売るのって、そこまで手間ってかかりませんよね。
例えば弁護士さん・税理士さんなんかはストック収益モデルと言えると思いますが、そのストック収益を得るために人が稼働しないといけないので、安定はしますが、基本忙しいですよね。

理想は一回の投資で何回も何回も人の稼働なしでお金を稼いでくれる商品やサービスですよね。そんな商売あったら是非こっそりおしえてくださいね。

数字で実証、ストック収益の破壊力

このトピックは当たり前のことを言うだけですが、気付きはあると思ってます。私は会社の営業会議でこんなエクセルを見せたことがあります。
Aさんは毎月30万円のストック売上のみを追いかけ、Bさんは毎月200万円のフロー収益を追いかけたとします。

すると、どうでしょう。なんとたった6ヶ月でAさんがBさんの単月売上を抜き、12ヶ月で累計売上が逆転しました。
その先、24ヶ月目でAさんの累計売上がBさんの約倍に達し、単月売上は3.7倍になり、それ以降、BさんがAさんの売上を超えることは一切ありませんでした。

みなさん、いかがでしょうか。確かにストック収益のみを追いかけると、初めは小さい額になってしまいます。
ところがどっこい、たった数ヶ月でフロー所得を追いかける人を抜き去り、一生安泰どころかどんどん収入が増えるスパイラルに突入するのです。

おもしろいですよね。おもしろいというかビジネスパーソンにとって、めちゃめちゃ大事なことですよね。

なので、オススメは最初1年はストック収益獲得に軸足を置きながらも、フロー所得でホームランも狙いに行く。そして、ストック収益がたまってきたら、もうあとは弾丸専門店に徹するのはいかがでしょうか?

弾丸専門店ってなんかいい響きですよね。自由で遊びを知ってて、かっこ良いオーナーがいそうで(笑)
意味わからないですよね。私も話してて何言ってるかわかりません(笑)

まとめ

まとめです。
* 中小企業の理想の収益構造
* 銃を売らずに弾を売ろう
* 数字で実証、ストック収益の破壊力
という内容でお送りしました。

今回は中小企業の理想の収益モデルについてお話ししました。ビジネスモデルを考える時に今日の内容ってめちゃくちゃ当たり前の話なんですが、大事ですよね。

こんなこと言ってると、利益至上主義だ!だとか、会社の目的や本質はそこではない!と思う方もいらっしゃるとは思いますが、それでも株式会社って利益がないと、次なる投資ができずに、事業拡大できないですのでつまらないですよね。

株式会社における利益とは、目標であり、手段であり、結果ですもんね。

もしあなたが新プロジェクトのリーダーになったり、新規事業の立ち上げを計画していたり、または独立開業を検討している際は是非、銃を売らずに弾を売る!ということを思い出していただければ幸いです。

最後までごお読みいただき、ありがとうございました。

中小企業マーケティングラボチャンネルでは、中小企業の経営者さんやマーケティング担当者さんの課題解決のためにYouTubeで週1〜2本動画を配信しております。

動画が何かの気付きになったという方がいれば高評価、俺は銃をつくり続ける職人よ!と無骨でストイックな方は低評価の方も、宜しくお願いします。またこのチャンネルと共にマーケティングを勉強してくれる方は是非、チャンネル登録をお願いします!

それではみなさん、またお会いしましょう!さようなら〜