ウェブ広告で見込み客を獲得する方法

 

この動画で得られる知識

  1. たった4つでOK!初心者が抑えるべきウェブ広告の種類
  2. 基本の4つのウェブ広告の特徴と正しい使い方
  3. ウェブ広告は追い込み漁!認知から購入までの広告戦略
  4. まとめ

 

たった4つでOK!初心者が抑えるべきウェブ広告の種類

さて、みなさん、一言でウェブ広告って言っても様々な種類があって、もう何が一番効果あるんだか、わからないですよね?
SNS広告とかアフィリエイトとかバナー広告とか聞いたことありませんか?ちょっとウェブ広告を勉強している方はリワード広告とかDSPとか聞いたことありますかね?

今日はウェブ広告の初心者さんに向けてこれだけは覚えてね!という超初級のトピックでいきますので、みなさん安心してついてきてくださいね。

ウェブ広告を理解するために、まずこの4つしか覚えなくてOKです
①Facebook/InstagramやTwitter、LINEなどのSNSに広告を表示させるSNS広告
②GoogleやYahooの広告ネットワークに登録しているサイトに画像や動画広告を表示させるディスプレイ広告
③検索ユーザに対して、そのキーワードに連動する形でテキスト広告を見せるリスティング広告
④YouTubeを見ている人に広告を見せるTrueView広告
まずは、この4つだけで大丈夫です。

厳密には本当に細かく広告の種類があるのですが、今からウェブ広告を1から学びたい!という人は一旦この4つだけでOKです。

簡単ですよね?SNS広告、ディスプレイ広告、リスティング広告、YouTube広告です。

次のトピックではそれぞれの特徴や正しい使い方について、解説していきます!

基本の4つのウェブ広告の特徴と正しい使い方

まずは、SNS広告についての解説です。
SNS広告は認知や興味関心フェーズのユーザに向けて広告を見せる手法です。皆さんがお使いのSNSは使えば使うほどドンドンみなさんの情報がSNSにどんどん吸い取られています。一見怖いですよね。
なのでSNS側からするとあなたの年齢性別はもちろん、趣味嗜好なんかも手にとるようにわかるのです。そのデータを利用して興味のありそうなユーザに対してなんらかのオファーをぶつけていきましょう!
SNS広告はすごく使い勝手が良くて、潜在客の掘り起こしにも使えますし、健在化しているユーザの獲得にも使えますし、ユーザの質も量も担保できるすごく使いやすい広告メニューです。

次にGoogleやYahooなどのディスプレイ広告です。これが一番耳慣れない言葉かもしれませんが、要は関連サイトに広告を表示させる手法です。例えば私はキャンプが好きなので、キャンプ系のブログやサイトをチェックすることが多いのですが、その際に必ずキャンプ系のバナー広告がそのサイトに表示されてるんですね。
みなさんもAmazonなどで買おうとしてやめた商品がずっとバナー広告で追いかけてきたり、中高年の男性であれば、車や抜け毛のバナー広告に追い回されたりしますよね?あれです。
こちらはSNS広告よりも量を確保したいときに有効な広告手段です。例えば新商品のプロモーション時などは最適です。なので今はとにかく認知をとりまくりたい!という時はかなり有効な広告手法となります。

次にリスティング広告です。みなさん、キーワード検索したときに上3つくらいに広告という枠で表示されているの見たことありますよね?あれ、リスティング広告という手法です。
これはユーザは能動的に検索してくるので、モチベーションがかなり高いユーザに対して広告を見せることができるのが特徴です。
こちらは今まさに課題を持って検索してきたユーザに対してみせる広告なので、顕在化しているユーザの刈り取りに最適な広告手法で、比較検討フェーズのユーザにぶつけていくイメージとなります。みなさん、何か商品を比較検討するときって、ぐぐりますよね?そのタイミングで刈り取ってしまう、最も効率的な広告手法です。

最後にYouTube広告です。みなさんもYouTubeを見るときに広告流れますよね?あれうざいですよね?このYouTube広告はもちろん、TVCMのように動画をばらまいて認知をとっていく広告なのですが、YouTubeの動画広告って5秒でスキップできるじゃないですか?
あのスキップできるのが素晴らしい機能でして、興味のある人と興味のない人をフィルタリングして次回は興味のある人にだけ広告を見せようか。なんてことができる非常に優れた広告手法なんです。
なので、視聴回数の最大化と言う目的と、興味のある人のマーキングという第二の目的が非常に大事になってくる広告手法なんです。少し難しいですかね?
興味のある人がわかれば、今度はその人だけにディスプレイ広告を見せようか。なんてこともできるのです。同じGoogle広告ですからね。

ウェブ広告は追い込み漁!認知から購入まで広告戦略

インターネット上には様々な人がいますが、その中からあなたの商品やサービスを買ってもらうのってそれなりの戦略や正しいウェブ広告の使い方が必要です。
あなたの商品やサービスを認知してもらい興味関心をもってもらい、そして比較検討してもらい、そして購入してもらう。このプロセスの中でウェブ広告を正しく使っていれば必ず効果はでます。

その際にネット上で追い込み漁をするイメージでどんどん、ユーザを追い込んでいきましょう!

先ほど紹介した4つの手法で追い込み漁をするのであれば、まずはYouTube広告で圧倒的に認知を取っていき、まずは興味がある人とない人にリストを分けます。興味がない人には今後は違う切り口や訴求ポイントの動画を当てていき、興味を持ってもらいます。興味がある人には今度はディスプレイ広告や皆さんが普段お使いのSNSで広告をあてていき、興味ありユーザにもっと深い情報を当てて、興味をさらに醸成し関心をの深度を深めていきます。
次に比較検討フェーズ対策として、リスティング広告で他社製品やサービスとの比較コンテンツや今だけのプロモーション情報を当てていき、最終意思決定、つまり購入を促すイメージです。

どうですかね?そう考えると面白いですよね。

まとめ

まとめです。
* たった4つでOK!初心者が抑えるべきウェブ広告の種類
* 基本の4つのウェブ広告の特徴と正しい使い方
* ウェブ広告は追い込み漁!認知から購入までの広告戦略
という内容でお送りしました。

ウェブ広告ってどれも横並びで平面的に捉えがちですが、こうやって立体的に使い分けることで、適切な場面で最適なコミュニケーションが実現できるんですよ。

ウェブ広告って、心理学や統計学を駆使して毎日試行錯誤しながら追い込み漁をするイメージです。おもしろくないですか?ちょっとめんどいですかね?私は結構そういうことを研究するのが好きですね。

このあたりの基礎知識をつけた上で、あなたの商品やサービスを効率的に売る為に、広告予算の費用対効果を最大化できるあなた独自のPDCAを構築する必要があります。

せっかくお金を払ってウェブ広告するんですから、代理店にまかせっきりじゃなくて、自社にもそのあたりのノウハウをしっかりためていきましょうね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

YouTubeの中小企業マーケティングラボチャンネルでは、中小企業の経営者さんやマーケティング担当者さんの課題解決のために週1〜2本動画を配信しております。

動画が参考になった!という方がいれば高評価、そんなめんどくせぇことしてないで、ウチはTVCMを垂れ流すのみじゃー!というお金持ち企業の方は低評価の方も、宜しくお願いします。またこのチャンネルと共にマーケティングを勉強してくれる方は是非、チャンネル登録をお願いします!

それではみなさん、またお会いしましょう!さようなら〜