【ハウスメーカー・工務店必見】LINE@で莫大なチラシ代を削減し、売上につながる情報配信を!

背景

購買層である20代~30代のママにはチラシは届かない!チラシの効果や反応率が日増しに悪化する一方で、チラシ依存の広告戦略になかなか終止符を打てないハウスメーカーさんも多いのではないでしょうか?
LINE@と当社の開発したメッセージングツール「スマケ!」を活用し、購買層に届いて且つ、購入までの導線を意識した広告戦略をたてましょう!

提案の骨子

LINE@のAPIと当社の開発したメッセージングツール「スマケ!」を使えば、普通のLINE@では出来ないユーザのセグメント配信が可能となります。
ユーザがLINE@にお友だち追加すると、botとの自然な会話の中で、ユーザの情報に関するアンケート(家族構成、お子さまの年齢、住みたい場所、土地の有無、対面ではなかなか聞き出しにくい世帯収入など)を取得し、顧客台帳(顧客データベース)を構築します。

その顧客データベースを元に配信ユーザをセグメントし、1家族1家族に会った情報を配信しましょう。例えばA市に60坪の土地の情報を、A市周辺に在住の未就学児のお子さまがいるママにのみに配信、なんてことも可能となります。

活用アイデア

  • お客さま情報の初期リスニングは営業ではなくbotで対応!同時に自動で顧客データベース化するので、営業マンの時短をサポート!(早く帰りましょう)
  • ローンのご相談(おおよその借り入れ可能額や月々の返済額など)、botが24時間全自動でカスタマーサポート。夜中の3時に思い立ってもbotが全て解決してくれます。
  • 住みたい場所や勤務地、好きなライフスタイル、ご予算を入力しておけばbotが自動で土地+住宅をおすすめしてくれます。
  • 1to1トークで刻々と変わるお客さまのニーズに追付い。一度、獲得したユーザは常にエンゲージメントしましょう。スマケ!ではどの担当者がどのお客さまの対応したかログが残せますので、管理者としてもモニタリングが容易です。
  • 住宅展示場の見どころにQRコードを設置し、全てスキャンすると自動でお菓子の詰め合わせプレゼントクーポンを配信。商談中はお子さまは時間を持て余し愚図りがち。ゲーム感覚でお子さまも楽しくモデルハウスを見学できます!
  • 来場直後のお客さまに満足度調査。担当の営業マンが気に入ったかどうかはその後の商談にとって非常に大事なポイントです。

期待できる効果

  • チラシの印刷、発送代金の劇的な削減(それをLINE@の運用代行費の原資にあててください)
  • 購買層の視認率が低いチラシやメルマガからLINE@に移行し、効果的な情報配信
  • 継続的に土地情報、イベント情報を配信できる「自社の」プラットフォームを構築できる
  • カジュアルなコミュニケーションツールでお客さまとの距離が近くなりきめ細かい接客を実現

 

参考

メッセージングツール「スマケ!」の詳しい情報はコチラから。