友だち追加でスタンププレゼント!を地域ビジネスで活用する方法

いつもLINE公式アカウントをご活用頂きましてありがとうございます。

LINE公式アカウント店舗向けパートナーの株式会社ベイスの勝又です。

LINEには様々な魅力がありますが、中でもやっぱり大きな魅力のひとつはスタンプですよね!

有料のスタンプはもちろん「友だち追加でスタンププレゼント!」を利用してスタンプを無料でGETしたことがある方も多いと思います。

 

【実は導入しやすい!友だち追加でスタンププレゼント】

会社やお店で「友だち追加でスタンププレゼント」を導入しようとすると、以前は最低出稿額1,000万円~!とかなりハードルが高かったのですが、以前もご紹介したように現在はCPDスタンプという新しいパッケージが登場し、価格も200万円~と大幅に下がっています。

※LINEプロモーションスタンプ新メニュー 「CPDスタンプ」

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3156

友だち獲得単価はひとり40円!!最大5万人の友だちにスタンプをプレゼント出来る嬉しい仕組みです。

実際に当社でも、アミューズメント関連、観光関連、メーカー、地方自治体など、

これまで折り込みチラシやフリーペーパーに定期的に投じていた広告費をCPDスタンプに切り替える中小企業や地方自治体とご縁を頂いています。

 

【地域ビジネスでの活用方法をご紹介】

『でも、友だち追加でスタンププレゼント!って大手の企業が行っているのがほとんどで、地域ビジネスでの活用方法のイメージがあまり湧かない。。。地域ビジネスではどんなふうにスタンプを活用したら良いの?』

というお客様からの声を良く聞くようになりましたので、

ここで実際に行ったCPDスタンプの活用事例や、活用アイディアをご紹介します。

 

①江戸川区の新成人にスタンププレゼント!

江戸川区では、新たな試みとして成人式の招待状に「友だち追加でLINEスタンププレゼント」のQRコードを印字して配布しました。

新成人にも馴染み深いLINEスタンプを採用することで、新成人の多くが、江戸川区のLINE公式アカウントと友だちになりました。

②スタンプの「セリフ文字」をLINEで送ってクーポンGET!

宅配ピザメーカーでCPDスタンプを実施して先着で5万人にスタンプを配布しました。

さらにスタンプのセリフ文字をLINEで送ると特別クーポンをプレゼントするという、

双方向のユーザーコミュニケーションに活用しました。

③マイクロツーリズムでもスタンプを活用

WITHコロナ時代のイベントとして注目されているのが「マイクロツーリズム」。

大勢で集まるのではなく、家族や仲間などの小さなグループ単位で、地元の名所・名産品を再発見する楽しみを詰め込んだ「地域の小さな旅」です。

このマイクロツーリズムにもCPDスタンプを活用することが出来ちゃいます。

CPDスタンプは友だちがスマホで撮った写真に自由に張り付けて遊ぶことが出来ますので、

マイクロツーリズムで紹介した観光名所や飲食店の写真にCPDスタンプを張り付けて投稿。

優秀作品に選ばれると、地元の特産品をプレゼント!などのCPDをからめたキャンペーンが可能です。

↓↓スタンプで遊んで、キャンペーンに参加イメージ↓↓

 

【CPDスタンプ作成から運用まで一括サポート!】

すでに企業やお店のキャラクターがいれば、そのままCPDスタンプに活用することが可能ですし、

もしキャラクターがいなければこれを機会にキャラクターを作ってみるのはいかがでしょうか?

ウェブマーケティングが主戦場の当社では、キャラクターの作成からCPDスタンプ開始、運用まで一括してサポートをさせて頂きます。

地域ビジネスでのLINEスタンプ活用はまだまだ発展途上段階です。

是非当社と共に、ご近所の会社やお店とはちょっと違うマーケティングを実現して下さい。