すぐにでもできる!ウェブサイトへの流入量の増やし方

ウェブサイトは作っただけでは人は来ない

ウェブサイトを作った後はしっかり「運用」することで人がきてくれるようになります。
膨大な広告費をかけて露出すれば別ですが、なかなかそうもいかないこのご時世。
でもまずはお金をかけずにできる対策って以外とありますので、ご紹介します。

検索してくるユーザ対策

いわゆるSEO対策(Serach Engine Optimization)といわれるものです。こちらは最も地道でかつ、長い効果がもたらされるので是非やりましょう。
具体的にはまず、御社の絶対に負けたくないキーワードを設定します。

例えば三重県全域を商圏にビジネスを展開している海が見える結婚式場があったとしましょう。
もちろん、「三重 結婚式場」などのワードは狙いたいところでしょう。
ただこのようなビッグキーワードは大手結婚ポータルサイトに勝ちようがありません。
ただ「三重 海が見える 結婚式場」などのキーワードでは必ず上位表示を勝ち取らないといけません。

そのためには結婚式場のサイトの中で、できるだけたくさん海が見えるとこんな素敵な結婚式ができますよ!ということ謳う必要があります。1ページと言わず何10ページあっても構いません。

「費用」「演出」などユーザさんが検索しそうなキーワードと掛け合わせてページを作成すると良いでしょう。

何も自社サイトだけでSEOをする必要はありません。
SEOが高い口コミサイトなどに自社の情報を書き込んでその口コミサイトのSEOの力を利用するのも良いでしょう。

結局、負けたくないと思うワードで検索して1位〜3位くらいまで自社サイトや自社が載っている口コミサイトやポータルサイトなどがヒットすればOKです。

SNSユーザ対策

Facebook、twitter、instagram、LINE@、Youtubeなどを導入している企業も多いと思います。
ただ残念ながらどのSNSを見ても同じ内容が投稿されていて非常に勿体無いケースが見られます。
流行っているからといって導入しても結局続かない、、、というのはよくある話ですよね。

ターゲット層に売りたいモノやサービスの特徴をより魅力的にお伝えできるのはどの媒体かというところから逆算して引き算してみてはどうでしょうか?
もし海の見える結婚式場であればinstagramで徹底的に魅せ方にこだわって見たらどうでしょうか?無理にFacebookと連携する必要はありません。
その際#海の見える結婚式場などの関連ハッシュタグで検索し、片っ端からフォローしていきましょう!

もし40代男性ターゲットのポータルサイトを運営していたらFacebookに絞って、Facebookからサイトへの流入数をKPIにしても良いでしょう。

ブックマークを促進

一度訪問してくれた人は離さない!鉄則です。ユーザの動線にブックマークを促したり、SNSなどに誘導してユーザとのエンゲージメントを保持しておく必要があります。

被リンクを獲得する

昔ながらの施作で、コンテンツ重視のSEO時代に置いて効果は薄れつつありますが絶対0ではないです。関係サイトや取引先のサイトにリンクを貼って頂きそこからの流入もありえるでしょう。

 

このようにお金をかけずにできるトラフィック向上施作はたくさんあるのです。
お金をかけないのであれば時間をかけて競合他社に負けない集客を行いましょう!