ホテル・旅館のSNS活用方法とは?必要な理由や活用事例をご紹介

ホテル 旅館 SNS 活用

 近年、ホテル・旅館業界は新しい集客方法やマーケティングが求められています。ことにSNSを活用したマーケティングは注目度が高く、実際に導入して成果に結びつけた企業が複数存在します。

インターネットを利用した宿泊プラン提供や予約は従来からおこなわれていましたが、コロナ禍の影響でニューノーマルの時代になった今、変化の波が訪れています。変化の代表格のひとつ、SNSを活用したマーケティングを取り入れ、集客に繋げましょう。

本記事では、SNSを活用したマーケティング方法や活用事例について、詳しくご紹介いたします。

✔︎この記事の目次

 

ホテル・旅館にSNSマーケティングが必要な理由

ホテル 旅館 SNS 必要 理由

以前からSNSを利用したマーケティングをおこなう企業はありましたが、コロナ禍以前は主流とは言えない数でした。

しかしオンラインが日常の一環となった現代の事情や、コロナ禍による生活様式の変化により、SNSをはじめとしたオンラインマーケティングは、大きな成果が期待される存在になっています。

コロナ禍以前からオンラインを活用した集客・予約はOTA(Online Travel Agent)があります。OTAはもともと「旅行に行こう」「宿泊先を探そう」という意志をある程度持っている人が顧客になる傾向があります。

いっぽう、SNSを活用した発信は、旅行へ行く意志がとくにない人にも情報が届きます。ホテル・旅館の魅力的な情報が目に触れれば興味を持ってもらうことができ、SNSの情報発信をきっかけに、「旅行の予定はなかったけど行こうかな」という気持ちを揺り動かす可能性があります。

SNSを窓口として、公式ホームページをはじめとした媒体で詳細をチェックされることもあるでしょう。そこでさらに多くの情報を目にし、魅力を感じれば、「行きたいな、行こう」となる可能性は充分にあると考えられます。

また、実際に訪れた人が、ホテル・旅館で得た経験を自分のアカウントで発信してくれることも期待できます。いわば口コミです。「友達のアカウントで良いホテルだと言っていた」という印象を広げてもらえるチャンスになります。

そのいっぽうで、不満が手軽に発信されるケースも考慮しなくてはいけません。集客戦略だけではなく、改めて接客を意識する必要もあるでしょう。

新しい生活様式が定着し、コロナ禍の人流制限が徐々に緩和される昨今、SNSマーケティングを大きなビジネスチャンスに繋げましょう。

 

予約の増えるホテル・旅館のSNS活用方法

ホテル 旅館 SNS 活用方法

ホテル・旅館のSNS活用は、戦略を立てた上での情報発信が大切です。やみくもに発信するよりも、ターゲットや投稿内容、実際に情報を目にするユーザーとの交流を考慮して、効率的なマーケティングに結びつけます。

 

ターゲットの明確化

マーケティングでもっとも重要な項目のひとつは、ターゲットを明確化することです。ホテル・旅館に訪れて欲しい層のターゲットを絞り込み、訴求する情報をSNSで発信します。

まず、SNSを使いこなす層を見極めましょう。普段あまりインターネットを使わない層をターゲットにしても、SNSの情報は届きにくくなります。インターネット、かつ、SNSを活用する層へのアピールが重要です。

今は老若男女がスマートフォンを使いこなす時代ですので、年齢層だけで絞り込むのは難しいかもしれません。「SNSを活用する層」という項目に加え、「自社のホテル・旅館の施設やサービスを利用して欲しい層」という点も、絞り込みの項目に入れると効果的です。

たとえばファミリー層向けのホテル・旅館なら、ご家族で楽しめる施設がある、小さなお子さまも過ごしやすいなどのメリットを強調してみてはいかがでしょうか。

シルバー層なら落ち着いた観光スポットや送迎についてのサービス、若い年齢層なら友人同士で盛り上がれるアミューズメント施設やイベントへの誘導など、「自社を使うメリット」を絞ったアピールをおこないましょう。

 

投稿の世界観を統一

SNSに投稿する内容は、ターゲットにホテル・旅館のイメージを持ってもらう重要なファクターです。世界観を統一し、目にするターゲットが「まるでここに泊まっているようだ」と思える内容が適しています。

具体的には「訪れたときに目にするもの」「客室の様子」「実際に出される料理」など、ユーザー目線での投稿が良いでしょう。

エントランスやレセプションはホテル・旅館の印象に大きく影響します。泊まる客室の様子も旅行で期待したい部分のひとつですよね。料理を大きな楽しみにしている人もいます。

「もしもこのホテル・旅館に泊まったら、こういう場所でこんな時間を過ごすんだな」と、SNSを目にしたユーザーが想像できるよう内容を吟味すれば、おのずと投稿内容の世界観は統一されるでしょう。

 

ユーザーとの交流

SNSには「ユーザーとの距離を近付けやすい」という大きなメリットがあります。もしホームページや雑誌の広告を見て興味を持ったとしても、メールの問い合わせや電話などは手間がかかり、興味を持っても後回しにされがちですし、企業とユーザーの間に距離を感じます。

その点、SNSは投稿へのリプライやダイレクトメッセージをワンアクションで手軽におこなえます。必要なとき、ほぼリアルタイムで繋がりが持てるのは、ユーザーと企業の両者にとってSNSならではのメリットです。

また、企業はキャンペーンやプレゼントによってユーザー側へ交流を持ちかけることもできます。たとえば、「フォローしてくれた人から抽選で○○をプレゼント!」といった投稿は人気を博し、フォロワー数の増加に繋がります。

フォロワー数の増加は、自社の情報を目にする人が増えるというビッグチャンスを意味します。

ユーザーが自分から検索しなくても、フォローしているだけでタイムラインに自然と情報が流れてくるため、自社の名前や特徴、アピールポイントを刷り込みのように覚えてもらいやすくなります。SNSの大きなメリットのひとつだと言えますね。

 

ホテル・旅館のSNS活用事例

ホテル 旅館 SNS 活用事例

実際にSNSなどを使いこなし、結果に繋がっている活用事例をご紹介します。それぞれがSNSの特徴と自社の強みやアピールポイントをうまく融合させ、効果的な情報発信と集客に繋げています。

 

ホテル湯の本

三重県は湯の本温泉近くにあるホテル湯の本。LINEやInstagram、Facebookなど数々のSNSなどを使いこなしています。中でもInstagramに投稿される写真は、ホテル湯の本とその周辺施設の魅力を伝える役割を果たしています。

周辺の名所をはじめ、湯の本を訪れる人に人気のあるトレッキングコースの光景の数々や、ホテルのイベントや料理、利用客の楽しそうな様子などが数多く投稿されており、見ていて飽きません。

投稿内容はユーザー目線が重視され、「ホテル湯の本に行ったらこんな雰囲気なんだな」と分かります。

参考:ホテル湯の本(公式サイト)

 

銀山荘(ユーザーとの交流)

山形県は銀山温泉にある旅館です。プラットフォームはInstagramを使用しています。銀山荘のマーケティングはユーザーとの交流を意識したSNSの活用になっており、ユーザーが投稿にアクセスする機会を増やしています。

Instagramに投稿されている写真はいずれも美しく、温泉のほとりにたたずむ銀山荘で過ごす時間を想像させてくれます。注目したい点は写真が自社で用意したものにとどまらず、ユーザーがInstagramに投稿したものをリポストしているということです。ユーザーとの交流が深まる効果が期待できます。

リポストによるユーザーの投稿の紹介は、ユーザーとの距離を近付ける効果に加え、銀山荘のアカウントの投稿回数を増やすというメリットもあります。

また、リポストした投稿にコメントを残しているのも効果的です。さらにユーザーとの距離が近付きます。

参考:銀山荘(公式サイト)

 

よしが浦温泉 ランプの宿(統一された世界観)

石川県は能登半島にあるよしが浦温泉 ランプの宿は、統一された世界観の写真をInstagramに投稿し、注目を集めています。光を効果的にもちいた写真はいずれも美しく、芸術性を感じるほどです。

夜の能登半島を臨める施設や恵まれた海の幸、幻想的な舞踊など、「ランプの宿に泊まったらどれほど素敵だろう」と期待させてくれる世界観が貫かれています。

ほかの事例も同様ですが、Instagram(SNS)からワンアクションで公式ホームページに移動できるリンクも目立つ場所にあり、SNSを窓口により多くの情報を得やすい構成になっているのも効果的です。

参考:よしが浦温泉 ランプの宿(公式サイト)

 

まとめ

SNSをもちいたマーケティングは、今や新時代の集客に欠かせないものになっています。プラットフォームも多々あるため、自社のターゲットや施設紹介に適したものを選べば、より効果的な情報発信に繋がります。

ターゲットの明確化やユーザーとの交流、世界観の統一など、戦略として取り入れられる項目を積極的に取り入れ、集客に活用しましょう。

インスタグラム運用 虎の巻 ダウンロード

\あわせて読みたい関連記事/

【関連】Webコンサルティング会社にお願いできる仕事とは?費用相場や選び方を徹底解説
【関連】ホテル・旅館の集客方法とは?戦略やアイデアを徹底解説
【関連】飲食店の集客アイデア10選 アナログとデジタルの集客方法をご紹介