ベイスが運用代行中のLINE@アカウントの累計友だち数が250,000人を突破!

当社が運用代行しているLINE@の累計友だち数が250,000人を突破したことを発表いたします。

当社は2017年3月にLINE@運用サポート事業を開始して以来、多くの業界のLINE@アカウントを運用し、顧客コミュニケーションをデザインしてまいりました。
2018年10月に、認定パートナー(ブロンズ)に昇格し、さらなるサポート力向上に向けスタッフ一同邁進しております。
2018年12月末日現在、当社の商流内アカウントの友だち総数が25万人を突破いたしました。

 

今春のLINE@プラン統合、および従量課金制への移行に伴い、パーソナライズ配信の需要が急増しており、LINE APIを活用し当社の開発した「スマケ!」(http://www.sumake.net/)には多くのお問い合わせをいただいている状況です。

従量課金制がはじまると、従来のLINE@運用において一斉配信しかしていないお客さまにとっては、非常にコスト高のツールになり得ますが、
「スマケ!」を活用することにより、欲しい情報を・欲しい人に・欲しいタイミングでのみLINEでコンテンツ配信が可能となり、望まれない配信を抑制するばかりか、個人に合わせたピンポイントの情報配信を行えますのでさらなる売上アップも望めます。

 

※1 スマケとは、当社が開発したLINE@の友だち1人1人に合わせてコンテンツを配信するチャットボットも対応したメッセージングコンソールです。例えば名古屋市在住の20代の未就学児のいるご家庭のみに配信ということも可能となります。