コロナの時期だからこそLINE公式アカウントで実施すべきこと

こんにちは。株式会社ベイスの中澤(ナカザワ)です。

本日は「コロナの時期だからこそLINE公式アカウントで実施すべきこと」についてお話します。

この件で最近ずっと悶々としておりました。ですが、私の中で一つ結論が出ましたので筆をとります。

 

こんな声をよく聞きます

 

  • 自粛ムードだしLINEで集客告知をするのはやめておこう・・・
  • 炎上リスクがあるから何もLINEで配信しないでおこう・・・

 

事実、弊社で運用サポートさせて頂いておりますLINEアカウントの半数近くが配信回数を減らしており、

自粛ムードの波に押されています。

しかし、本当にそれで良いのだろうか。LINEの配信も自粛するべきなのだろうか。

この問いに対して、シンプルな回答を用意しましたので、こちらのブログでご説明させて頂きます。

 

今こそ立ち返るべき本質

 

いろんな情報が錯綜する中で、情報に飲み込まれ思考が停止がちになります。

そういう時こそ、経済活動の本質、LINE運用の本質が何なのかをシンプルに整理し、

その本質から思考をドライブしていく必要があると思います。

 

 

経済活動の本質とは何か?

 

それは、シンプルに「顧客の持つ課題を解決する」ことです。

顧客の持つ課題を解決できるサービスに対価が支払われ経済がまわります。

この本質は平時でも、たとえコロナの時期でも普遍です。

 

「顧客はどんなことに困っているのか?」「それを解決するためには何ができるのか?」

今こそ、この本質に立ち返り、ここを立脚点にして考えていくことが重要だと考えます。

 

顧客は必ず何かに困っています。

マスクがなくて困っているかもしれませんし、連日の外出自粛でストレスが溜まっているかもしれません。

この顧客のお困りごとをどう解決するか。ここをまずしっかり考えていく必要があります。

 

 

LINE運用の本質とは何か?

 

それは、シンプルに「顧客にとって有益な情報を発信する」ことです。

これも、平時でも、コロナの時期でも変わりません。

 

LINEのお友だちは顧客と見込み顧客です。そのお友だちにとって有益な情報はありませんか。

その顧客の持つお悩み事を解決できる情報はありませんか。あるのであれば、発信してあげるべきです。

手元にないのであれば、考えて考えて、解決する方法を用意してあげるべきです。そしてその解決策を発信してあげてください。

 

また、解決策のみが有益な情報というわけではありません。

 

  • 営業活動を自粛するのか、そうではないのか
  • 営業時間が短縮になるのか
  • 感染リスクはあるのか
  • 感染対策はどの程度しているのか
  • 感染リスクの低い非接触での購買はできるのか

 

お友だちである顧客は、上記のことは必ず気になっているはずです。

この情報は最低限発信してあげるべきです。

 

お友だちの中には「経営状況は苦しくないか?」「何か手助けはできないか?」

と、心配してくれているかたもいらっしゃるかもしれません。

そんな心配してくれているお友だちの為にも、会社の現状/スタンスを発信してあげてください。

 

 

まとめ

 

私たちビジネスマンのやるべきことは、どんな時でも変わりません。

「顧客のために何ができるのか。」これを常に考え行動していくことです。

 

かなりシンプルにまとめましたので、伝えきれない言葉足らずな部分もあると思います。

しかし、まずは思考を停止させないために「本質は何か?」を問うてみることは、非常に有意義です。

 

何をすれば良いのか、困っているお客様がいらっしゃいましたら、是非ベイスにご連絡ください。

何ができるのか、何をすべきか、一緒に考え行動していきましょう。

あなたしか解決できない顧客のお困りごとがきっとあるはずです。