ブログ

Scroll Down

Webサイト制作

企業ホームページの必要性は今でも高い?メリットや業種別の事例も解説

2024.06.04

企業ホームページの必要性は今でも高い?メリットや業種別の事例も解説

現在はスマートフォンの普及によって、ホームページをいつでも閲覧できる環境が整っています。しかし、SNSの方がより気軽に閲覧できるため、ホームページではなくSNSのみの運用を検討している方もいるでしょう。

この記事では、企業ホームページの必要性は今でも高いのかについて、業種別の情報も踏まえながら解説します。ホームページを運用するメリット・デメリットや、実際に制作した事例もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

企業ホームページの必要性が今でも高い理由

企業ホームページの必要性が今でも高い理由は、ホームページの閲覧を通じてユーザーの興味関心を確信に変えられるからです。なぜホームページの閲覧で確信に変わるのかの理由として、以下の2つがあげられます。

  1. 情報の信ぴょう性を確かめられる
  2. 過去のデータも含め自分が求める情報を探し出せる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由①:情報の信ぴょう性を確かめられる

ユーザーはSNSで発信された情報の信ぴょう性を確かめるため、ホームページを閲覧します。SNSでは誰でも手軽に情報を収集しやすい反面、発信するのも簡単です。中には真実と異なる情報が、拡散されることも起こり得ます。

そこで、ユーザーはSNSで知り得た情報を1度インターネットで検索し、正しいかどうかを確認しようとします。SNSが普及した現代だからこそ、企業ホームページの必要性もより高まっているといえるでしょう。

ただし、ホームページを開設したまま更新を怠ってしまうと、信ぴょう性がかえって低くなる可能性もあるので、注意してください。ホームページをリニューアルすべきタイミングについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【関連記事】ホームページをリニューアルすべきタイミングとは?メリットや注意点も解説

理由②:過去のデータも含め自分が求める情報を探し出せる

過去のデータも含め自分が求める情報を探し出しやすい点も、ホームページを閲覧したユーザーが興味関心を確信に変えられる理由の1つです。SNSはリアルタイムでの情報配信に長けていますが、次々と流れてしまうため、過去のデータを探すのには向いていません。

しかし、ホームページであれば、過去から現在までの情報をすべてストックできます。SNSをきっかけとしてホームページを閲覧してもらうことで、興味関心を確信に変えてユーザーの購買行動を促しましょう。

なお、弊社ではホームページやSNSをはじめとする幅広いWebマーケティング支援を行っています。ホームページやSNSを通して売上の向上を目指したい方は、ぜひ1度弊社までお問い合わせください。

【業種別】企業ホームページの必要性

企業ホームページの必要性は、業種によっても異なります。

  1. 必要性が低い業種
  2. 必要性が高い業種

それぞれ詳しく見ていきましょう。

必要性が低い業種

企業ホームページの必要性が低い業種は、以下の通りです。

  • 知名度が高く単価が低い食品・飲料の販売業
  • 小規模の飲食店
  • 小規模の美容院
  • 小規模の小売業

すでに業種や商品・サービスの知名度が高い場合は集客活動が必要ないため、ホームページの必要性も低くなります。例えば、コーラとペプシのどちらを購入するか迷っている人は、わざわざホームページを検索しません。

また、飲食店や美容院などは大手のポータルサイトが存在しており、ホームページがなくても信ぴょう性の高い情報を発信できます。小規模な小売店でオリジナリティのある商品を取り扱っていない場合は、ホームページを作ったとしても集客効果をあまり見込めません。

企業ホームページの必要性を見極め、自社に適した方法で集客を目指しましょう。

必要性が高い業種

企業ホームページの必要性が高い業種は、以下の通りです。

  • 不動産業
  • 建設業
  • 製造業
  • 投資業
  • 冠婚葬祭業

高単価で顧客の比較検討フェーズが長い業種は、ホームページの担う役割が大きくなります。住宅や電化製品の購入を検討する際、まずはホームページを閲覧して比較するという方がほとんどです。最終的な決断には至らないとしても、ホームページの有無によって数社に絞る段階で差がつきます。

企業ホームページの開設はもちろん、情報を充実させることで、顧客を獲得する確率を向上させましょう。

なお、弊社ではホームページの制作から運用までの一貫したWebサイト運用サポートを実施しています。ホームページからの集客効果を改善・最大化したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

企業がホームページを作るメリット・デメリット

企業がホームページを作るメリット・デメリットは、下表の通りです。

メリット

デメリット

  • 企業イメージ・信頼性の向上を図れる
  • 持続的な宣伝効果を見込める
  • お問い合わせの窓口を確保できる
  • 求人募集に効果を期待できる
  • 初期費用・運用費用がかかる
  • 人的リソースがかかる

企業ホームページは、インターネット上の名刺ともいえる重要なものです。一般の消費者だけではなく、ビジネスシーンにおけるクライアントも、情報収集のためにホームページを閲覧します。企業のイメージを伝えられる場であり、信頼性の向上にもつながるため、顧客の獲得にも効果的です。

一方、ホームページの開設や運用には、費用がかかってしまいます。開設するだけでなく、定期的な更新やメンテナンスも必要になるため、運用担当者を置くなど人的リソースも必要です。

企業がホームページを作る場合にはデメリットもありますが、それを上回るメリットを期待できます。予算と相談しながら、自社のホームページを開設しましょう。

また、ホームページの制作前に把握すべき項目を知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

【関連記事】Webサイト制作前に決めておきたい7項目とは?費用相場もあわせて解説

弊社が支援した企業ホームページの制作事例

実際に弊社が支援した企業ホームページの制作事例として、以下の3つを抜粋して紹介します。

  1. 不動産会社のホームページ
  2. 住宅会社のホームページ
  3. 小売店のホームページ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

事例①:不動産会社のホームページ

こちらは資産形成事業や不動産ファンド事業などを展開している、ゴールドトラスト株式会社様のホームページです。

ホームページの種類

コーポレートサイト

リニューアルの目的

既存ホームページのコンテンツとターゲットの見直し

▼ゴールドトラスト株式会社様のホームページ

ホームページの制作では、コンテンツやターゲットの設定が重要です。その上で商材の特徴がわかりやすいように、ページを構築してください。時間の経過にともないコンテンツやターゲットが変化することもあるため、定期的に確認およびリニューアルしましょう。

ホームページURL:https://goldtrust.co.jp/

事例②:住宅会社のホームページ

こちらは、注文住宅や建売住宅の販売を手掛けるアサヒグローバルホーム様のホームページです。

ホームページの種類

採用サイト

リニューアルの目的

採用活動の強化

▼アサヒグローバルホーム様のホームページ

ホームページのデザインには流行りが存在するため、時代に合わせた制作が大切です。現在はスマートフォンからの閲覧にも対応が必須であるように、ユーザビリティも意識する必要があります。ユーザーの視点から見たときに、利用しやすいホームページ作りを目指しましょう。

ホームページURL:https://asahigloval.co.jp/recruit/

事例③:小売店のホームページ

こちらは、ホビー商品用の塗料を販売している株式会社トアミル様のホームページです。

ホームページの種類

商品情報サイト

制作の目的

商品情報や使い方の発信

▼株式会社トアミル様のホームページ

カラフルでかわいらしい雰囲気になっており、ホビー業界らしさを表現しています。ホームページはデザイン次第でユーザーに与える印象が大きく変わるため、ブランディングを意識したページ作りがポイントです。

事前に伝えたいイメージや目的を明確にした上で、ホームページの制作にとりかかりましょう。

ホームページURL:https://bornpaint.jp/

まとめ:企業においてもホームページの必要性は非常に高い

企業ホームページはSNSから得た情報の信ぴょう性を確認するのに役立ち、ユーザーの興味関心を確信に変えられます。必要な情報を任意で引き出せるホームページを活用し、ユーザーの行動を促進しましょう。

なお、弊社ではユーザー視点を第一にしたホームページ制作をサポートしています。ユーザーからのお問い合わせ率を向上させ、顧客の増加を実現させたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【関連記事】【地方の中小企業様向け】Webマーケティングの始め方ガイド!基本の流れを解説
【関連記事】Webサイトの制作期間を短縮する5つのコツ!遅延する要因や弊社の事例も
【関連記事】ホームページ制作におけるRFPとは?メリットや記載項目・作成手順も解説

book この記事の監修者

澤田将司

株式会社ベイス 代表取締役社長

マレーシア、クアラルンプールで起業。
オンラインゲームプラットフォームや3大通信キャリアの公式コンテンツプロバイダーなどの事業を経て、2015年に実家の家業を引き継ぐ形で帰国。
現在は三重県四日市市で受託型のウェブマーケティング会社、株式会社ベイスを経営。

得意分野はコンバージョン率(お問い合わせ率)の高い企業のホームページ運用。
豊富な経験で培った徹底したデータ駆動のマーケティング戦略で、これまでに数多くの企業のウェブ戦略立案から実行までを手がける。

LINE社認定のパートナーでもあり、これまで運用した企業アカウント数は500を超える。

 

●SNS

Twitter         Threads        YouTube

さぁ、ご一緒に
はじめましょう。

具体的なご依頼だけでなく、売り方や集客に関することなど現状の課題についても気軽にご相談ください。