ブログ

Scroll Down

LINE運用

LINEは集客ツールとして使える?友だちを増やす方法や成功するコツも解説

2024.03.14

LINEは集客ツールとして使える?友だちを増やす方法や成功するコツも解説

近年、多くの企業が集客・追客ツールとしてLINEを活用しています。LINE公式アカウントは、新規顧客の獲得に役立つ多様な機能が備わっており、事業規模や業種を問わず活用しやすいツールの1つです。

この記事では、LINEは集客ツールとして使えるか、友だちを増やす方法や成功のコツとともに解説します。

弊社はこれまでに500社を超えるLINE公式アカウントを運営し、LINEを活用した集客の成功と失敗の法則を熟知しています。LINEを使って集客・追客を強化したい方は、ぜひ参考にしてください。

弊社ベイスはLINE運用の専門家です!
・LINE社認定セールスパートナー
・LINE専用マーケティングツール スマケ!の開発・運営
・LINE広告認定代理店
・500社以上のLINE運用のサポート実績
・LINECPDスタンプ・ポイントを取り扱い企業
・LINEGreen Badge取得者在籍多数

 

LINE集客の基礎知識

企業や店舗が顧客とのコミュニケーションにLINEを利用する場合は、LINE公式アカウントを開設します。ここでは、LINE集客の基礎知識として、以下の2つを解説します。

  1. 集客・追客の流れ
  2. 具体的な施策

それぞれ詳しく見ていきましょう。

集客・追客の流れ

LINEを活用して集客・追客効果を高めるには、以下の流れで運用を始めてください。

  1. LINE公式アカウント開設
  2. 友だち集め
  3. 配信
  4. 来店
  5. 再来店

LINE公式アカウントを開設すると、集客・追客に役立つさまざまな機能を利用できます。

次に、友だち集めです。LINE公式アカウントでのメッセージの配信相手は、基本的に友だち追加したユーザーに限定されます。そのため、配信の前にまずは友だち集めに注力することが大切です。

また、LINEは追客ツールとして最も効果を発揮します。一度来店した新規顧客に対し、LINEを活用してうまく再来店を促せると、高確率でリピートにつながるでしょう。

集客・追客効果を高めるためには、確実に運用ステップを踏むのがポイントです。なお、LINE公式アカウントの作り方について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【関連記事】LINE公式アカウントの作り方ガイド!料金プランや成功事例も解説

施策の例

LINEを集客・追客ツールとして活用するためには、さまざまな施策が必要です。ユーザーの行動を促すためには、メッセージを効果的に配信したり、広告を使ってアプローチしたりしなければなりません。

LINEをビジネス活用する際の代表的な施策は、下表の通りです。

施策

機能

特徴

LINE公式アカウント

ビジネスに役立つ多様な機能

  • リッチメニュー
  • ステップ配信
  • VOOM
  • リッチメッセージ
  • リサーチ・分析 など
  • リアルタイムでプッシュ型の情報発信ができる
  • メールよりも開封率が高く、即効性が期待できる

LINEチラシ

LINEアプリ上で配信できるデジタルチラシサービス

  • ターゲットを特定のユーザーに絞ってチラシを配信できる
  • 効果検証や分析ができる

CPDスタンプ

プロモーション用スタンプメニュー

  • 無料スタンプを提供して新規顧客の認知拡大を狙える
  • 既存顧客との信頼を深められる

LINE広告

LINEアプリ上で配信される広告

  • 条件設定次第でターゲティングの精度を向上できる
  • 確度の高いユーザーに絞った広告配信ができる

LINEポイント

LINEの各種サービスや買い物などで貯まるポイント

  • 友だち追加特典やキャンペーンの景品にして、友だち追加を促す
  • 商品の購入やサービスの利用でポイントを付与し、購買意欲を掻き立てる

LINEをビジネス活用する際は、目的に応じて施策を選びましょう。LINEを活用したマーケティングのメリットや成功事例を知りたい方は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてください。

【関連記事】【成功事例付き】LINEマーケティングの施策5選!役立つツールも解説

LINEを使った集客で友だちを増やす方法

LINEの施策で効果を最大化するためには、友だちを増やすことが大切です。

LINEの友だち数は、「気づく率」×「なりたい率」です。

友だちを増やすには、まずお店がLINE公式アカウントをやっていることに「気づく率」を高める必要があります。この「気づく率」は、LINEでお店と友だちに「なりたい率」よりも上げやすいのが特徴です。

具体的な方法としては、完全運用シートの「友だち集めチェックシート」に書かれているチェック項目を1つずつ潰していくとよいでしょう。

ここでは以下の2パターンに分けて、友だちの増やし方を解説します。

  1. 実店舗での増やし方
  2. オンラインでの増やし方

自社でやれることをやったうえで、必要に応じてLINE広告の「CPF広告(友だち追加広告)」を活用すれば、高い集客効果が見込まれるでしょう。

なお、完全運用シートの使い方について詳しく知りたい方は、以下の動画もぜひ参考にしてください。

実店舗での増やし方

友だちを増やすためには、LINE公式アカウントの存在に気づいてもらうための工夫が必要です。気づいてもらわなければ、ユーザーに「友だち追加したい」という気持ちは生まれません。

実店舗の場合は、以下の優先順位で取り組みましょう。

  1. スタッフによる声かけ
  2. 店内に友だち追加促進ツールの設置
  3. 店内放送などの音声で呼びかけ

店内のあらゆる場所でLINE公式アカウントを告知・宣伝することで、ユーザーに気づいてもらえる確率が高まります。

オンラインでの増やし方

オンラインで友だちを増やすためには、LINE広告を活用するのがおすすめです。特に、CPF広告は低コストかつ効率よく友だちを増やせて、コストパフォーマンスにも優れています。

CPF広告(Cost Per Friends)とは、LINE公式アカウントで友だちを獲得したときに費用が発生する成果報酬型の広告です。

例えば、CPDスタンプ​​をフックに、CPF広告から友だち追加してもらう方法もあります。弊社における活用事例と成果は、下表の通りです。

家電業界ブランドアカウント

観光協会アカウント

出稿費

240万円

200万円

友だち獲得数

約49,000人

約41,800人

残存友だち数

約11,000人

約11,700人

残存友だち1人あたりの獲得単価(※)

約218円

約171円

※残存友だち=友だち追加後3か月以内にブロックしていない友だちで算出

CPDスタンプと連動させる場合には、スタンプのみを目的としたダウンロードが増えます。そのため、友だち追加直後のブロック数も多くなるものの、1人あたりの獲得単価は安くなります。

オンラインで友だち追加を増やすには、他の施策と連動させながらLINE広告も積極的に活用しましょう。LINE広告の設定方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてチェックしてみてください。

【関連記事】LINE広告スタートガイド!仕組みや効果から設定方法まで解説

LINE公式アカウントで集客を成功させる3つのコツ

LINE公式アカウントで集客を成功させるコツは、以下の3つです。

  1. 定期的な配信で顧客接点を維持する
  2. セグメント配信で開封率を高める
  3. ユーザー分析を経て改善を繰り返す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ①:定期的な配信で顧客接点を維持する

LINE公式アカウントによる集客効果を高めるためには、定期的にメッセージを配信し続けることが大切です。

人は、ある情報に触れても、時間の経過とともに忘れてしまう傾向があります。そのため、定期的に配信してユーザーの閲覧につなげるのがポイントです。

また、顧客接点を維持するためには、以下のようなユーザーの興味を引いて行動を促せるようなコンテンツを配信する必要があります。

  • クーポン
  • お役立ち情報
  • 動画や写真 など

顧客をファン化させるためのコンテンツを意識できると、結果的に集客効果も高まるでしょう。

コツ②:セグメント配信で開封率を高める

LINE公式アカウントを使って集客を成功させるためには、セグメント配信がおすすめです。セグメント配信なら、特定の属性に絞り込んでメッセージを届けられるため、開封率を高める効果が期待できます。

LINEのセグメント配信で絞り込める項目は、下表の3つです。

属性

  • 友だち期間
  • 性別
  • 年齢
  • OS
  • エリア

オーディエンス

  • ユーザーIDアップロード
  • クリックリターゲティング
  • インプレッションリターゲティング
  • チャットタグオーディエンス
  • 追加経路オーディエンス など

過去の配信

  • 過去にメッセージを受け取ったユーザーを絞り込んで再配信できる
  • 配信完了から2週間以内のメッセージのみ利用可能

なお、LINE運用サポートツールの「スマケ!」なら、より個に絞った配信も可能です。セグメント配信のやり方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

【関連記事】LINEのセグメント配信とは?デバイスごとのやり方や成功事例も解説

コツ③:ユーザー分析を経て改善を繰り返す

LINE公式アカウントの集客を成功させるためには、徹底したユーザー分析に基づき、改善を繰り返すことが大切です。どのようなユーザーがいるか知らずにメッセージを配信していると、場合によってはブロックにもつながりかねません。

LINE公式アカウントでは、ユーザー分析に役立つ以下のデータを確認できます。

  • 友だち追加数
  • 友だちブロック数
  • 友だち追加経路
  • 属性情報
  • クーポンの利用状況
  • メッセージの配信数
  • チャットの送受信数 など

集客・追客効果を高めるためにも、ユーザーをよく理解し、効果的な配信ができるよう改善を繰り返しましょう。

まとめ:LINEは集客・追客ツールとして最適

国内最大規模のユーザー数を誇るLINEは、集客・追客ツールとして役立ちます。友だちを増やしたうえで効果的な配信を続けていけば、ユーザーの来店や購買行動につながるはずです。

なお、LINE公式アカウントの友だちを増やすためには、CPF広告の利用もおすすめです。

弊社のWeb広告運用では豊富な実績を通じて得た運用ノウハウをもとに、LINE広告に最適なクリエイティブの提案ができます。LINEを活用して集客・追客効果を高めたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

【関連記事】【地方の中小企業様向け】Webマーケティングの始め方ガイド!基本の流れを解説
【関連記事】LINE公式アカウントに予約機能はある?導入効果や自動化する方法も解説
【関連記事】工務店の集客施策10選!ホームページなどの活用方法や成功事例を解説

book この記事の監修者

澤田将司

株式会社ベイス 代表取締役社長

マレーシア、クアラルンプールで起業。
オンラインゲームプラットフォームや3大通信キャリアの公式コンテンツプロバイダーなどの事業を経て、2015年に実家の家業を引き継ぐ形で帰国。
現在は三重県四日市市で受託型のウェブマーケティング会社、株式会社ベイスを経営。

得意分野はコンバージョン率(お問い合わせ率)の高い企業のホームページ運用。
豊富な経験で培った徹底したデータ駆動のマーケティング戦略で、これまでに数多くの企業のウェブ戦略立案から実行までを手がける。

LINE社認定のパートナーでもあり、これまで運用した企業アカウント数は500を超える。

 

●SNS

Twitter         Threads        YouTube

さぁ、ご一緒に
はじめましょう。

具体的なご依頼だけでなく、売り方や集客に関することなど現状の課題についても気軽にご相談ください。